フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【書籍】子午線の祀り・沖縄−他一篇 | トップページ | 【バレエ】「バヤデルカ」キャスト表(2008.1.11) »

【書籍】バレエの鑑賞入門

 渡辺真弓編集/世界文化社(ほたるの本)/2006.11/1890円(税込)

 世界文化社から新しいバレエ入門本が、しかも瀬戸秀美さんの写真で出るというのでチェック。したらいきなり

 「こんなところにシヴァコフが!」

 出世したなー。おねぃさんは嬉しい。
 えーっと、「物語とみどころがわかる*バレエの鑑賞入門」。表紙はザハロワです。裏は新国立のくるみ。作品紹介の「白鳥の湖」の写真がシヴァコフとペレンです。グランアダージョ1枚、黒鳥のGPDD1枚で、こちらは両方おそらく初出。ほかにグランアダージョの最後のポーズ(キャプションが「2幕のラスト」になってるけど)で、こちらはマールイのチラシにほぼ毎回載ってる見慣れた写真(一応これもシヴァですね)。それからコールド1枚。大盤振る舞いだわっ。瀬戸さんありがとー♪ グランアダージョの方は同じ写真が目次にも使われています。妙に初々しい横顔だわー。いやー、出世、出世。

 今回は何気にマールイ含有率もあがっていて、ジゼルはルジマトフとザハロワが出た時のもの。ペザントでミリツェワと……ヴェギニー?(正直これならハンスかミルタにして欲しかったなぁ)。口絵にはクチュルクとファジェーエフのドンキも。あとは「リーズ」が牧で(伊藤さんとドゥガラー)、「くるみ」が新国立(真忠さん)、ドンキがABT(カレーニョとマーフィー)。マノンがバッセルでオネーギンがルグリ。個人的には、ロミオがフォーゲルじゃないのが、ぶううう。
 まあ、あんまり並べてもこれから見る人がつまらないだろうと思うので、こんなところで。

 シヴァのせいで即買いしちゃいましたけど、本としてはたいしてよくはないです。全体に写真が新しく、カラー満載なので、写真を見るにはいいかな、というところ。ぴあのムックが小さくなったようなつくりかな。主力は「バレエ名作30」で、物語と見どころと写真だけれど、全幕ものが主体で小品が11作。ガラの予習などに使うには、やはり新書館の「バレエ101物語」にかなうものは今のところないでしょう(こっちは写真が少ないのが淋しいけどね)。大体ベジャールが「ボレロ」しかないってどうよ。しかもそのボレロの写真がこれってどうよ(ドンの写真にしても、もっといい写真いっぱいあるのにー)。まあ30と101じゃ大違いだからしょうがないけど。初心者本としては、こんなものなのかなー。ぴあのムックや「SWAN」に比べれば、下品な文章がないだけいいのかも。

 「世界で活躍するダンサー」に都さんと森下さんと熊さんが出ていて、「日本のダンサー紹介」はなし。それから「海外バレエ団と劇場の紹介」があって、「日本のバレエ団」は見開き2ページで一括。東バの「退団した首藤康之のゲスト出演も多い」って、多くはねぇだろう(笑)。それにしてもベジャール・ローザンヌも「その他のバレエ団」にちょろっと書いてあるだけだもんなぁ。ぶううう。

 というわけで、まずは店頭で写真チェックをして、気に入った写真があったら買う、というところですかね。本文を全部きちんと読んだわけではないですが。マナーのところで、「音楽が始まったら雑談しない」「夢中になりすぎて前のめりにならない」というのが入ったのは評価、だな。とりあえずシヴァファンはGo!

(「綾瀬川的生活」2006年11月11日)
*日記ページからの抜粋です

バレエの鑑賞入門 (ほたるの本)Bookバレエの鑑賞入門 (ほたるの本)


販売元:世界文化社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 【書籍】子午線の祀り・沖縄−他一篇 | トップページ | 【バレエ】「バヤデルカ」キャスト表(2008.1.11) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】バレエの鑑賞入門:

« 【書籍】子午線の祀り・沖縄−他一篇 | トップページ | 【バレエ】「バヤデルカ」キャスト表(2008.1.11) »