フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【映画】ドレスデン、運命の日 | トップページ | 【映画】ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2 »

【映画】デビルマン

デビルマン
那須博之監督/2004年度作品/東映

 「こんなものなんて報道すればいいのよーっ!」「そこはほれ、マイア○メさん、適当に」(ゆうきまさみ「イデオンマイナーノート」『ぱろでぃわぁるど』みのり書房所収)。映画が終わって最初に思い出したのがこれ。試写会で暴れる記者となだめるスタッフの図。

 不動明(伊崎央登)はいじめられがちな、どちらかというとひ弱な高校生。親友飛鳥了(伊崎右典)は何をやらせても一流だが、ちょっと不気味でキレ安いイケメン。ある日、了の父たちの研究グループが誤って、眠っていた異種生命体「デーモン」を覚醒させてしまう。人間に合体して勢力を増やしていくデーモンたちは了と明にもとりつくが、精神を乗っ取られることなく逆にデーモンを取り込み「デビルマン」となった明は、デーモンから人間を守る決意をする。

 しかし、恐怖と猜疑心から人間たちは魔女狩りそのものの「悪魔狩り」を開始。それはやがて世界戦争に発展する。人間をすべて滅ぼそうとする了、悪魔狩りの標的となる明の恋人・牧村美樹(酒井彩名)の一家、デーモンとなった両親から逃れたススム少年を連れて逃避行を続けるミーコ(渋谷飛鳥)……。

 トラウママンガのバイブル、永井豪「デビルマン」の実写映画化である。原作ファンは怒り、読んでない人は話に取り残される、という出来。原作の「地球丸ごと巻き込んだ三角関係」というところはかろうじて出ていたけれど、主役の伊崎兄弟のセリフ回しが下手なのに脚本が拍車をかけていて笑うしかない。まあアイドル起用映画ではありがちではあるが……。

 人間同士の争いが平板になったのは「残酷描写」を避けるためなのだろうか。だがそのために「人間こそが悪魔だ」という、人間の醜さ、愚かさを徹底して暴いた原作の絶望感はついに出なかった。だから「人間は守る価値があるのか」という了の問いかけも宙に浮いてしまった。せめて「予防的治安」が優先される社会ってこんなんでっせ、って怖さが感じられれば、今映画化する意味もあったんだが。自警団ってコワイんでっせ、断ったらリンチでっせ! デーモン=テロリストと置き換えれば、まさしく、その世界への道を進んでいるのだから。

 「人間がほかの生物を食うように、俺も人間を食っただけだ」というジンメンとの対決は、作りようによっては「デビルマン」自身のテーマに迫れるエピソードなのにさらっと過ぎてしまったし。鳴り物入りだったシレーヌ(富永愛)との対決は「え、それだけ?」で終わってしまったし。了は最初っから正体ばらしちゃっていいんですかあ、とか、すべてサタンの計画通りのはずじゃなかったんですかあ、とかツッコミどころは満載(ギャグ映画じゃないってば)。有名人細切れ出演もどうかと思うが、KONISHIKI素のままでデーモン、はあまりにも哀れ。

 いくつか面白いカットもあるし、ミーコとススムの使い方はなるほどと思うんだが、サタンのパワーアップ後の造形もいいんだが、ラストの海辺のシーンもキレイなんだが、最後の最後、了と明の会話で全部台無し。結局何のための映画化だったんだろう。

(「インパクション」144号 04.12)

公式サイト
追記は「続きを読む」に(結構長文 ^^;)。

デビルマン [DVD]DVDデビルマン [DVD]

販売元:東映
発売日:2005/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する


【補】ある意味、すっげえ面白い映画ではあったが(笑)。制作者の意図とは別のところで、ね。冒頭のゆうきまさみの引用は、「伝説巨神イデオン」のパロ。映画版の試写会で、「「おお、撃ってみよ。裏切り者の撃った弾があたるものかよ」ズギュン、ズギュン、カチッ、カチッ。「弾が、弾が、なくなっちゃったのよ〜」」(うーむ、これだけ書いても何の事やら覚えている人もおるまい)、で報道陣がずっこけて、若い女性記者が激怒すると。おかげであの名シーンも、笑いなしには見られなくなってしまったよ。すみません、イデオンはまりました。

 閑話休題。ええと、頭からいくとだな、まずデーモンと明が合体するシーン。ここの飛鳥博士がまたグログロ。まあグロはいいとして、明の有名なセリフ「オレ、デーモンになっちゃったよ〜」(情けなさすぎ)もまあいいとして、同じく有名になった了の「はっぴーばーすでぃ、でびるまん」もまあいくないけど、同じく合体した了、はまずいんじゃ? で、しかもサタンの恰好見せちゃうのはいいわけ?

 ほんで、ジンメンに食われた牛久の有名なセリフ「オレ、食われちゃったよ〜」もいいとして、エピソード、それだけ? シレーヌも? いや、富永はいいよ、予想外にかっちょよかったよ。カイムを出せなんて言わないよ。タレを出せとも言わない。でもなあ。明のアニメ仕様のTシャツ、ださださ。

 明と了が袂を分かつという重要なシーンとして、洋館にたてこもるデーモンとそれを掃討する特捜隊、というのがあるのだけれど、ここで出るのが素のKONISHIKI。ほかのデーモンは一応メイクしてるんだけどねぇ。髪がドレッドぽいだけでほとんど素。あのおなかがデーモンだというのだろうか。んで、デーモンにつく了と、あくまでも人間を守るという明に別れる。ここで、了がサタンだというのが割れるのね。いいのかよ、それ。いちばん笑ったのは、その再会。悪魔狩りが進む町中を歩く明が、人間狩りをする了とばったり出会う。のだけど。警察官の制服を着た了が歩道橋からライフル(だったかな)で、一人ずつ人間を狙って射殺してるわけ。サタンが、だよ? 一人ずつちまちまと、しかもライフルで。警官の制服で擬装までして。サタンがさ。人間を滅ぼすって、地道すぎ。何年かかるんだよ。で、ここで有名なやりとり「了、生きていたのか」「サタンだからな」。うん、サタンじゃしょうがないや、ってツッコミも有名だが。でまあ、細かいところもおいておいて、いよいよ美樹の家に悪魔狩りが来るのだが。おいおい、連れていかれるのは両親じゃなくて明かい。で、明、処刑されちゃったし。両親の虐殺もなんだかおいおいだし。美樹と来た日にゃ、背中に包丁刺されながら長ゼリフだし。「お父さん、お母さん、ごめんなさい。生き延びられませんでした」っておい、こんな時にそんな説明的なセリフ、ありか? 処刑された明も復活に時間がかかっちゃって、全然間に合わないし。いや、間に合わないんだけど、要するに「一夜明けてすべて終わった後」なのだ。宴会の最中じゃなくて。だから、ほけーっと美樹の生首持って、ほけーっと教会まで行くしかない。爆発しないのー。

 まあその後のデビルマンVSサタンは、プレステだけどいいや、この際。けど、了はなんで幼児期から白髪なんだ? とにかく最後だよなぁ。例の海岸の岩の上。なんで了はスーツ着てるんだよ。ここはヌードが約束だろう。じゃなくて、サタン仕様でしょ。しかも深手だし。いや、いいのよ。あれだけダンサーのきれいな身体を見慣れた身にとっては、貧相な伊崎兄弟のヌードが見たいわけじゃない。コンセプトの問題だっ。明はお約束通り上半身のみ。ってここの会話がなにしろマヌケ。お前ら、その程度の覚悟なら迷惑だからやめろよ、こんな戦争。「あ、あはっ、あははは、明が笑った」はないよな、いくらなんでも。笑ったのは私だ。

 まあ、伊崎央登はスチールで見る限りでは悪くないよね。明っぽいかどうかはともかく、絵にはなる。よかったのはススムとミーコの扱いだすな。ミーコ役の渋谷飛鳥もなかなか良し。けどデビルマンは「父と母が車の中でよく主題歌を歌ってました」って、どんな両親だよ、渋谷。つうか、そんな年なのね、俺ら。(05.2)

« 【映画】ドレスデン、運命の日 | トップページ | 【映画】ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】デビルマン:

« 【映画】ドレスデン、運命の日 | トップページ | 【映画】ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2 »