フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【映画】デビルマン | トップページ | 【映画】デイ・アフター・トゥモロー »

【映画】ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2

ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2
スティーブン・スピルバーグ監督/1997年度作品

 サンシャイン通りに映画館の看板が並んでいる。「生きろ」「何かが生き残った……」「みんな死んでしまえばよかったのに」。三つ並んでると流石に笑えるぞ。で、今回は「生きろ」の影に隠れてしまった生き残っちゃったもののハナシ。

 前作「ジュラシック・パーク」から4年。あの時は早々に重傷を負ってイイトコの少なかった数学博士イアン(ジェフ・ゴールドプラム)は、突然にパークを所有するインジェン社のハモンド氏(リチャード・アッテンボロー)に呼び出される。パークにいた恐竜を繁殖させていた無人島で、バカンス中の少女が恐竜に襲われる事件が起きたのだ。ハモンドはイアンと、古生物学者でイアンの恋人のサラ(ジュリアン・ムーア)、ビデオ・ジャーナリストのニック(ヴィンス・ヴォーン)、装備専門家エディ(リチャード・シフ)の4人でチームを組んで調査に入ってほしいという。「隔離して人を近づけるな」というイアンだったが、サラが既に島に入っていると聞き、「これは調査じゃなくて救出だ」とか言いつつ、他のメンバーと島に入る。おまけの密航者、イアンの娘ケリー(ヴァネッサ・リー・チェスター)まで連れて。

 島でサラと合流したメンバーが恐竜の姿に感動している間もなく、ハンターたちがやってきた。インジェン社の会長ルドロー(アーリス・ハワード)らが、傾き掛けた会社の建て直しにパークを再建しようと、恐竜たちを狩っているのだ。その夜、サラと実は環境活動家としてハモンドに送り込まれたニックとは、ルドローらの捉えた恐竜の檻の鍵をはずした。恐竜に襲われたルドローらのキャンプもイアンらのトレーラーも壊滅し、やむなく一行は通信施設のある本部地区を目指して行動を共にする。道中、何人もの犠牲を出しながら、イアンたちは通信センターに到着。レスキューに救出される。

 そしてサンディエゴ。新たなジュラシック・パークの開設を発表するルドロー。特殊輸送船に乗ったティラノサウルスが到着する。しかし、船の中は乗員の「破片」が残るばかり。街へ出たティラノの目的は空輸されてきた子供のティラノだ。イアンとサラは、ティラノを島へ返すことができるのか?

 前作同様、今回もヤッパリ「お化け屋敷」映画であった。あぁ出るぞ出るぞ出るぞ出るぞぉぉぉ、出たぁ〜!! というアレだ。伏線もしっかりしているから、誰がどこで何をしてどのように殺されるのかが、見ているソバからわかってしまうのだ。ああああ、やっぱりぃぃと思っても、怖いことは怖いし、(わたしだけか?)入場料分くらいは楽しめるんだからスピルバーグはお上手なんだろうなぁ。

ロストワールド/ジュラシックパーク  (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) [DVD]DVDロストワールド/ジュラシックパーク (ユニバーサル・ザ・ベスト第8弾) [DVD]

販売元:ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
発売日:2007/09/13
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 恐竜は増えて11種類、CG技術も飛躍的によくなったというのだが、前作の時ほどの驚きはない。狩りのシーンなども技術的にはものすごいのだろうが、目が慣れてしまって当たり前のように眺めてしまう。最初というのはそれだけインパクトが強いのだろうし、当たり前のように見えるというのも技術の高さだともいえるだろうが。本当はいない恐竜と組み合う芝居は大変だろうなぁ。どのみち、こうした映画は映画館のでかい画面で見ないことには、楽しさも半減以下である。ビデオで見ても全然怖くないだろうし。

 今回怖いのは、コンピーという1メートルもない小さい恐竜だ。ティラノは鈍角のでかい口でがぶ、べり、ばき、てな感じだが、コンピーは小さいだけに群をなして人を襲う。何十匹も群がって、ワニ口クリップみたいな鋭角の口吻で喰いついてくる。これはイタイ。見ているだけでもイタイ。思い出してもイタイ。ティラノみたいに大雑把に喰われた方がマシな気がする。それにつけても前回一番怖かったはずのラプトルがいいとこなしだったのは不満。

 不満といえば、サンディエゴのシーンはまったく不満だ。かつてのロスト・ワールドこと「失われた世界」への敬意なんだろうけど、せいぜい12メートルのティラノが街を歩いてもサマにならない。しかもイアンとサラの独壇場で、ニックなんか活動家なんだかし、ティラノを生け捕った「仁義あるハンター」のテンボ(ピート・ポスルスウェイト)だって駆けつけたっていいじゃない? なんてやきもきしてしまう。しかもこちらにもうひとつのクライマックスを設定せざるを得ないせいか、島からの救出シーンがあっさりし過ぎて食い足りなくなっている。

 要は半端なのだ。「環境活動家」を出し、彼がヒューマニズム(?)に従って捕らわれた恐竜を解放し、ハンターの銃の弾を抜いてみせても、そしてハモンド氏が最後にスピルバーグのメッセージよろしく「自然は手を出さないのが一番です。人が手を出さなければ勝手に繁殖します。その回復力を信じましょう」なんてたぐいのことを語ってみせても、映画のためのスパイス程度にしか感じられない。これじゃ「生きろ」に喰われるのも無理はない。エンタテイメントとして面白いんだから、説教までしなくてもいいんとちがうかなぁ。

 しかもやっぱりアメリカ映画はホームドラマである。イアンことマルカム博士にあんな大きな娘がいたとはちょっとショック。バツイチで黒人の強いパパはもはやトレンド域に達しているのか。いいけどさぁ。

 閑話休題。最初のハモンド宅のシーンで例の「UNIX少女」が出てきたのはご愛敬だが、今回の「体操少女」はヤリスギ。ヴァネッサ自身は可愛くて、先が楽しみな女の子なんだけど。ハンター役のピート・ポスルスウェイトとその相棒ハーヴェイ・ジェイソンは渋くて素敵。特にピートのつるりんとした頭は無性にセクシーであった。

 ちなみに「みんな死んで……」はエヴァンゲリオン。間にはさまったキューティ・ハニーが妙にノーテンキだった。

(「月刊フォーラム」1997年11月号)

【補】この時期、「エヴァンゲリオン」「もののけ姫」「キューティ・ハニー」「ロストワールド」が同時に公開されていたので、こんな出だしになっている(笑)。コンピーは今思い出してもイタイなぁ。「UNIX少女」は前作で出てきたハモンドの孫娘。あのパークのシステムを前にした「あたし、ユニックスなら使えるわ!」との叫びは、観客をホッとさせるよりはムッとさせてたよね(あたしだけか?)。おーおー、そうかよ、アメリカじゃ中坊でもユニックス使えんのかよ、と思ったけど、もはや日本でも小学生がHPを作る時代だからねぇ(しみじみ…)。「バツイチで黒人の強いパパ」は、これより前に書いた「マーズ・アタック!」でも出てくるコンセプト。アメリカは好きだよね、こういうの。アッテンボローがカーネル・サンダースみたくなってたのは悲しかったなぁ。しかし、小学生でユル・ブリンナーに一目惚れして以来、スキンヘッドに弱いんだな、自分…。スキンヘッドの友人に頭を触らせてもらったけど、これが人肌温度で(当たり前か)あったかいのにじょりっとしてて、なかなか気持ちいいんだな。(05.3)

« 【映画】デビルマン | トップページ | 【映画】デイ・アフター・トゥモロー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ロスト・ワールド ジュラシック・パーク2:

« 【映画】デビルマン | トップページ | 【映画】デイ・アフター・トゥモロー »