フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【DVD】キーロフ・イン・パリ(キーロフ・バレエ) | トップページ | 【DVD】ドン・キホーテ(アメリカン・バレエ・シアター) »

【CD】チャイコフスキー三大バレエ名曲集

チャイコフスキー三大バレエ名曲集

指揮:アンドレイ・アニハーノフ 
管弦楽:レニングラード国立歌劇場管弦楽団 2000年3月〜4月録音
 解説は「目の前に広がる情景——アニハーノフとレニングラード国立歌劇場管弦楽団の十八番」濱田貞行

 ジャケットからだけでは曲目がわからないので、不安で買えないわー、という人のために、こんな中身です。ジャケットは表が眠りのアポテオーゼだけど、キャストはよくわからない(フロリナはクチュルクかな)。裏は管弦楽団一同だけど、一目でわかるアニハーノフ(笑)。中ジャケは白鳥のコールドと、ハビブリナのマーシャの写真が入っています。

白鳥の湖より  
 序奏(2'40")
 アダージョ(8'30") いわずとしれたグランアダージョ。
 小さな白鳥の踊り(1'35") いわずとしれた4羽の白鳥(笑)。
 ヴァリエーション(2'11") 1幕2場=湖畔のオデットのソロ。実際、全幕の中では主役のソロの割には目立たないかも。この曲も「なぜこれが」ではあるな。でも、このソロは実はとても好き。踊りも曲も。ここのソロの意味を教えてくれたのは意外にもペレン(←ちょっと失礼か)。これは「ジークフリートの愛を信じるというオデットの決意表明」なのね。だから、ジークフリートはちゃんと側について見ていてやれよ(笑。時々いない版があるからね)。
 (4'18") 3幕=湖畔、舞踏会からオデットが帰ってきたところから始まり、雷鳴が轟きロットバルト登場、王子が走ってくるところまで。別に悪い音楽じゃないけど、どうせならジークフリートとの赦しのPDDを入れて欲しかったな。ここでいきなり終わっちゃって、次は「くるみ」の序曲というのもどうもおさまりが悪い。

くるみ割り人形より
 小序曲(2'51")
 行進曲(2'38") 有名な子どもの入場のところ。
 情景(4'17") くるみ割りが王子に変身した後、マーシャと松林を行くところ、となっているがくるみ王子とマーシャの最初のPDDのこと。雪の手前。
 ディベルティスマン チョコレート:スペインの踊り(1'16")/コーヒー:アラビアの踊り(4'49")/お茶:中国の踊り(1'01")/トレパック:ロシアの踊り(1'11")/あし笛の踊り(2'41")/花のワルツ(7'04") あし笛は「アーモンドのお菓子があし笛を持って踊る」、花のワルツは「金平糖の精の侍女たち」となっている。なるほどー。
 アダージョ(5'17") GPDDのアダージョ。主旋律がただのスケールなのに、切なくて涙ボロボロ。チャイコ、おそるべし。

眠りの森の美女より 
  序奏(2'41")
  パ・ド・シス(4'29") 命名式での妖精たちの踊り。初めの妖精たちの入場の踊りの後、オーロラに贈り物を贈るために6人で踊るところ。 
  ワルツ(5'04") 誕生日の場の初めのコールドによる花のワルツ。ディズニー版のテーマともいう(苦笑)。♪いーつーかーゆめでわたーしをーたずーねーー♪ ←まだ歌える(笑)。
  アダージョ(5'30") いわずとしれたローズ・アダージョ。
  間奏曲(6'48") 「パノラマとオーロラ姫が眠る場面との間」とあるが、実際の上演では省かれることも。ボヤルチコフ版ではきっちり演奏される。ヴァイオリンソロのえらく長い曲で、途中で「マーシャの家のクリスマスツリーがでかくなる」メロディの原型が混ざっていて、「ほおー」と思ったりする。でもアルバムの終わりがこの曲では、おいてけぼりな気持ちに…。もう少し「ああ終わった」と思うような音楽で終わって欲しい。最後のマズルカとかさっ。

 まあそんなものかなと思うけれど、やはり曲目も時間も「くるみ割り」が多い。この選曲は(解説によると)アニハーノフによるのだが、確かに3大バレエの曲はどれもそれだけ聞いても悪くはない(というか、いい)。「でもなぜこれ?」という曲はある。「白鳥」は舞踏会の場面が1曲もないし(黒鳥のアダージョとか、スペインとか入るよね?)、見せ場のGPDDから入っているのは金平糖のアダージョだけ。音楽的にアニハーノフがいいと思ったところと、名場面としてはずせないところが中途半端に入っているのかもしれない。大体アニハーノフなのにコーダが1曲もないとわナンタルチアー! 

 多分、3作とも私が聞き慣れているのはフェドートフ指揮のものなので、やはりところどころ「へえー」「ほおー」「ここってこんなリズムだっけ?」「こんなアンサンブルだっけ?」という感じ。普段、音楽としてクラシックをきっちり聴いているわけではないので、「これがアニハーノフ節かあー」とまではわからないけれど、結構オモシロイと思う。やっぱり謎の人だなー、アニハーノフ。プロフ写真もなかなか素敵です。(05.10)

« 【DVD】キーロフ・イン・パリ(キーロフ・バレエ) | トップページ | 【DVD】ドン・キホーテ(アメリカン・バレエ・シアター) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【CD】チャイコフスキー三大バレエ名曲集:

« 【DVD】キーロフ・イン・パリ(キーロフ・バレエ) | トップページ | 【DVD】ドン・キホーテ(アメリカン・バレエ・シアター) »