フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【映画】ファントマ電光石火 | トップページ | 【映画】THE 有頂天ホテル »

【映画】ルビー&カンタン

ルビー&カンタン

フランシス・ヴェベール監督/カラー/85分/2003年度作品/フランス映画/原題「Tois toi! 」(黙れ!)

 かつてルイ・ド・フュネスというおっさんがいた。もう覚えている人も少ないかもしれないが、ジャン・マレー主演の怪盗ファントマシリーズや「大混戦」「大沈没」といった「大××」シリーズで、六十年代から七十年代にかけて、大人気だった(と思う。私は大好きだった)コメディアンである。そんな映画をふと思い出す、ライトなフレンチ・コメディである。主演はおっさんになってしまったジャン・レノとジェラール・ドバルデュー。

 間抜けなコソ泥のカンタン(ドバルデュー)は、銀行強盗に失敗してムショ送りになるが、これが生来のおしゃべり好きのふざけ好き、同房の囚人とトラブルが耐えない。一方、ギャングのボスの愛人と恋に落ち、彼女を殺されたルビー(レノ)は、現金輸送車を襲ったギャングの手下から金を横取りして収監される。警察は完全黙秘を続けるルビーの口を割るため、カンタンを同房に。ところが純朴すぎるカンタンは、「うるさい」とも「黙れ」とも言わずに黙秘するルビーを、彼の話を喜んで聞いていると勘違い。生まれて初めてできた大親友と思いこみ、どこまででもついてゆくのだ。ルビーの脱走計画もカンタンのおかげでとんだ珍道中に早変わり、脱臼はする、腰は打つ、警官には撃たれる。散々な目にあうルビーは、恋人の仇を取れるのか? カンタンの「故郷でルビーと飲み屋をやる」という一方的な夢は叶うのか?


ルビー&カンタン [DVD]DVDルビー&カンタン [DVD]


販売元:ファインフィルムズ

発売日:2005/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 原題の「Tois toi! 」は「黙れ!」だそうだが、何度そう叫んでもカンタンは黙っちゃいない。しかもルビーのイヤミや拒絶なんか何もわかっちゃいない。現実にカンタンがいたら、きっと殴り倒してしまうだろうなと思いつつ、映画の中ではその純朴さを「愛すべきもの」と思うこともできる。他人ごとだからね。だけど他人ごとでそう思えるかどうかが現実でもそう思えるか、に関わってくる。ほとんど「二十日鼠と人間」か「レインマン」かってなもんだ。そう、これはコメディだから、カンタンは「障害者」ではなくただの「アホウ」。超弩級のアホウであって、それ以上でもそれ以下でもない(何が「以上」で何が「以下」なんだか)。だけど、カンタンが本当に今の日本で子供だったら、ただのアホウとして存在することなんか認められずに、あっという間に隔離されちゃうんだろうな。そこまで考える映画じゃないんだろうけど。

 出だしは相も変わらずクールな三白眼のジャン・レノ。いいのよこの三白眼が、とか言ってるうちに、脱走に失敗というか成功というか、カンタンとの珍道中が進むにつれ、この黒目がどんどん上に寄っていき、「ルーシーのおしゃべりに『ヤレヤレ!』と言うときのチャーリー・ブラウン」になってしまうのがなんともキュートだ。そのくせ、エンドロールで「Tois toi! 」と囁く声はなんともセクシー。

 ま、オチは「こんなもんかな」であるけれど、暗いニュースと忙しい闘争が続く中、何にも考えないで笑えるオーソドックスなライト・コメディで、せめて肩の凝りでもほぐしましょ。
(「インパクション」140号 '04.3) 

【補】ドバルデューは、フランスでは有名なコメディアンらしいです。ジャン・レノは少し仕事選べよ、というご意見をいただきました。まあそうだな。どんどん膨張してるし。でもやっぱり三白眼が好き♪ 枕にふったフュネスですが、やっぱり知ってる(覚えてる)人はいなかったよー。しくしく。あの一連のめちゃくちゃなスラップスティックをもう一度見たいものですが、レンタルにも全然ないの。ファントマくらいあってもよさそうなのになー。ちなみに「怪盗ファントマ」シリーズはジャン・マレー演じるファントマ(かっこいい怪盗でいつも大成功!)よりも、フュネスの演じるまぬけな警部(クルーゾー警部+天知茂の明智小五郎シリーズで荒井注がやってた警部+ミスター・ビーンみたいなの)が主役みたいなもんだったな、確か。うーん、見たいなー。

【さらに】ようやく、ファントマを見ることができました。ファンドールがファントマだと思っていたのだけど、どうやら違うかも知れない(苦笑)。でも演じているのはジャン・マレーだと思う。詳しくはこちらを。

« 【映画】ファントマ電光石火 | トップページ | 【映画】THE 有頂天ホテル »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ルビー&カンタン:

« 【映画】ファントマ電光石火 | トップページ | 【映画】THE 有頂天ホテル »