フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【映画】マーズ・アタック! | トップページ | 【映画】プライド——運命の瞬間(とき) »

【映画】ナイロビの蜂

ナイロビの蜂
フェルナンド・メイレレス監督/イギリス映画/2005年/原題「The Constant Gardener」

 英外務省一等書記官のジャスティン(レイフ・ファインズ)は、学生活動家(なのか?)あがりの妻・テッサ(レイチェル・ワイズ)と共に赴任先のケニアへ。ジャスティンは趣味のガーデニングに、テッサはスラムでの救援活動に没頭する日々だったが、共に活動していたNGOの医師・アーノルド(ユベール・クンデ)と出かけたテッサは、湖の側で遺体となって発見される。テッサの死に疑問を抱いたジャスティンは、彼女の足跡をたどり始めるが、その矢先に帰国命令と無期限休暇を言い渡され、パスポートまで取り上げられる。テッサが、製薬会社・スリービーズが秘密裏に結核の新薬の人体実験を行っていたことを告発しようとしていたことを知ったジャスティンは、再びケニアに赴くが……。

 映画の売りは「ラブ・ストーリー」なのだが、むしろ緻密に計算された、上質のサスペンス。バリバリで行動的なテッサと、物静かでおっとりとしたジャスティンの対比が効果的で、「確かにこういう男だったら、全力で守ってやりたいわなー」とついつい思う。そのジャスティンの「静けさ」が結末を引き立てていて、全くラブ・ストーリーらしく美しく終わる。ケニアロケによる映像はひたすら美しく、それがまた虚しさをかき立てる。だが、後味はあまりよろしくない。


ナイロビの蜂 [DVD]DVDナイロビの蜂 [DVD]


販売元:日活

発売日:2006/11/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 「運動」の手段についてはよく問題になるが、「命」を救おうとするのが目的の運動ならば、手段にもそれは反映されねばならないと私は思う。「命がけの運動」に結果としてなってしまう場合はあるが、それはあくまでも「結果」であって、そうならないためのあがきは、常にあるべきだ。

 テッサの場合も結果的に「命がけ」になってしまったが、彼女に死ぬつもりは全く無かった。「まさか殺されるとは思わなかった」と思う周囲の人々の、ちょっとした「裏切り」が積み重なって、彼女とアーノルドが包囲されていく過程は心底怖い。だが、ジャスティンの場合は最終目的がテッサへの回帰だから、最後までテッサをなぞることになる。

 確かにジャスティンが動くことによって、協力者に危険が及ぶ(外交官とは思えないヘタクソな動き方だ)。襲撃を受けた難民キャンプで、たった一人の子どもを飛行機に乗せようとして国連職員に拒否され激高するジャスティンは、それがかつて自分がテッサに取ったのと同じ態度であったことに気づく。きっとこの時ジャスティンは、テッサを理解したと思い、自分の身の処し方を決めたのだろう。だが彼がモノローグで語るように、本当にテッサを理解したのであれば、最後まで生きるためにあがききって欲しいと思う。テッサは自分の体を弾丸が貫くその時まで、生きることを考えたに違いない。ジャスティンの元に帰るために。

 だからこの結末は美しいけれど、「結局何にもわかってないじゃん!」と思ってしまうのだな。彼の生こそがテッサの願いであったはずなのだから。「テッサの元に帰る」ってそういうことじゃないか。ベジャールじゃないけど、誰かの死で美しく終わる物語はもうおなかいっぱい。

 それにしても、大企業も国も、人を人と思っちゃいないのはいづこも同じだなぁ。(「インパクション」154号 06.10)

【補】「命を守る運動で、命をかけてはいけない」。これは9.11以降活発に論議されてきたことではあるが、それ以前にも、特に反日武装戦線やいわゆる「テロ」がらみで長い長い議論があったテーマです。「命がけ」は極論すれば「自爆テロ」へつながる道だと私は思うし、自分の命をかける人は他人の命も勝手にかけがちである、と思う。例えば「抗議の焼身自殺」をどう見るか? あるいは「着弾点への座り込み」をどう評価するか? つまりは「目的に見合った(現実的/倫理的に)手段であるか」が常に問われる、ということでもあります。ぬるい現場を闘った私としては、「結果として命がけになっちゃった」ことはあったとしても、「最初から命がけという方針を立てる」こと自体には真っ向から反対です。「非暴力行動」の中でよく行われるハンストという手段にしても、「ハンストは自らの肉体に対する最大の暴力である」として「非暴力行動」として認めない人もいます。それくらい、ひとつひとつについて意見の別れる問題でもあります。私自身は「命はどのような場合であっても手段として用いるべきではない」と考えています。その意味で参照すべきなのは「ライフ・オブ・デビット・ゲイル」でしょう。

 えーと。最近はさぼりがちですが、良くも悪くも私はカツドウカなわけですよ。いわゆる「現場カツドウカ」。ので、この映画についてはかなり辛口です。ここから先は、特にジャスティンにカンドーした方はご注意ください。褒めてません。

 つか、ジャスティンについては全然いいと思えなかったんだよなー。これが例えば「日本の◎◎商事の現地要員」とかならまだいいよ。イギリスの高等弁務官付き外交官だよ? こんな世間知らずがそんな役職についてていいのか? つうのが第一歩でしたよ。テッサの死後は観ていてイライラしっぱなし。私がドイツのNGO職員だったら窓から放り出してるな。こういうヤツを野放しにしとくと迷惑でしょうがないから勘弁してくれ、って。難民キャンプ(だったか?)で、男の子の名前を呼んで探すところから「そんな馬鹿なこと止めてくれよ!」。男の子の方が殺されちゃうんじゃないかと思ってハラハラしちゃった。パスポートを取り上げられるところまでされているのに、行動がいちいち無神経。テッサのパソコンだって、一度押収されてるものだよ? 中身は警察=外務省に筒抜けなんだよ? 入口を私服が張ってるガサ中の事務所にはいっちゃうなんてあり得ない。テッサの親友に対する気遣いも一つもなし。これが最後までこの調子で、結局「妻への愛」という美しいことのほかは、なにひとつ考えてない迷惑極まりないヤツなんだよー。それが「妻への愛」で全部許されちゃうんだからなー。ひとつ間違えば「彼が通った後は死屍累々」だったんだからさ。

 で、テッサの方もなかなかなもんで。「相手にイヤな思いをさせてやりたい」だけで、あんな無用な挑発をしてはイカン。「外交官夫人」という身分に安心してたんだろうなぁ。ジャスティンを無垢なままで置いておきたい気持ちは痛いほどわかるが、ガサられた後の対処くらい教えておくべきだろうし。ま、こういう「人の仕事に口出しせずに、ほっといても勝手に一人で遊んでくれて、自分が疲れた時には可愛がれる」っていう男の子が一人いると、精神衛生上とってもよろしいのではないかと私も最近つくづく思う(←もはやセクハラ発言ですな)。

 そんなことをツッコミながら観ざるを得なかったので、カンドーはしませんでしたとさ。サスペンスとしては面白かったけどね。(07.2)

見た日の日記(こちら) アップした日の日記(こちら

« 【映画】マーズ・アタック! | トップページ | 【映画】プライド——運命の瞬間(とき) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】ナイロビの蜂:

« 【映画】マーズ・アタック! | トップページ | 【映画】プライド——運命の瞬間(とき) »