フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【バレエ】「ジゼル」キャスト表(11.8.17/18) | トップページ | 【バレエ】チャリティ・ガラ HOPE JAPAN »

【映画】100,000年後の安全

100,000万年後の安全

マイケル・マドセン監督/2009年/79分/デンマーク、フィンランド、スウェーデン、イタリア/原題INTO ETERNITY/配給アップリンク

 上映時に配付された補足資料によれば、電力や天然ガスをロシアに依存しているフィンランドでは、いわゆる「エネルギー安全保障」の観点から原子力政策を進めているそうだ。現在は五基目の原発を建設中で、これで電力の三分の一が原子力になる。

 という、フィンランドで、世界初の高レベル放射性廃棄物の最終処分場が作られている(映画撮影時建設中)。これはその処分場、「オンカロ(隠れた場所)」をめぐるドキュメンタリーである。


映画『100,000年後の安全』パンフレットBook映画『100,000年後の安全』パンフレット


著者:森 直人,池田 香代子,和合 亮一

販売元:アップリンク
Amazon.co.jpで詳細を確認する


 さまざまな処分法が検討された。太陽に撃ち込む、海底に埋める。プロジェクトは十八億年前の岩盤がいちばん安定しているとして、ヘルシンキから二百四十キロ離れた島を深く掘り下げ、そこに巨大な処分場を作ることを決めた。そして百年後の二十二世紀、処分場が廃棄物で満たされた時にそれを埋め戻して封印する。廃棄物が「安全」になる十万年後まで。

 驚くのは、この「十万年後」という、ともすれば抽象的になりがちな歳月を、彼らが非常に具体的な目標設定として捉えていることだ。「十万年」に耐え得る環境とはどこか。地上にはあり得ない。戦争もあれば経済不況もある。十万年後の人間に、この施設が危険物で満たされていることをどのように伝えるべきか。六万年後に来る氷河期を超えて伝わる方法とは何か。むしろ地上には何も残さず「忘れ去られる」のを待つべきではないのか。答えは出ない。誰も十万年後にこのプロジェクトが成功したかどうかを知ることはできない。それどころか、百年後に封印されるのを見ることもできないのだ。

 フィンランドでは、完全な「平和利用」のために、プルトニウムが生成される再処理は行わない。原子炉の輸出も行わない。自国の中に廃棄物を抱え込み、十万年後までの責任を持つ。それはもう「覚悟」としか呼びようがない。核を扱うためには、そこまでの覚悟が必要なのだと。

 どのように安全に、確実に原発を扱えたとしても、廃棄物の問題は残る。とりわけ使用済み核燃料の中間保管の危うさは、福島で見せつけられたばかりだ。だが、どこの国でもそれは後回しにされる。いずれよい処分技術が開発されるだろうという楽観的な無責任に支えられて。

 その廃棄物を自分たちはもう大量に抱え込んでいる。そしてさらに増やし続けている問題を後回しにしている間に、それはどんどんどんどん増え続ける。覚悟も展望もないままに、今この瞬間も。この映画はあらためてその恐ろしさを思い出させる。

 映画はたびたび、未来の「君」に語りかける。オンカロという巨大な毒の塊への入口を発見し、中に入り込んでしまった「君」に。どれほど堅牢な処分場を作ろうとも、現在の我々がどれほど覚悟を持とうとも、「君」の安全を完璧に保障できることは、ない。

 オンカロの上に、今日も雪が降り積む。その風景はあまりにも美しい。
(初出『インパクション』180号 2011.6)

【補】「この映画でいくよ?」と担当のSちゃんに連絡したところ、返信メールで「それ、見た友人が二人ほど、立ち直れないくらい落ち込んだっていってましたけど、綾瀬川さん、大丈夫でした?」と聞かれたという(苦笑)。落ち込むというほどでもないけど、途方には暮れるよな。というか、途方にくれる以外にすることがない。

 8/9にナガサキで、藤田祐幸氏の対談(これ)を聞いたけれど、その中でも「廃棄物に関していい方法は?」という質問に対する氏の答えが「いい方法がないから、今まで原発に反対してきた」という……orz。うん、まあ、ほかにいいようがない。

 でもこの問題が解決できない限り、原発動かしちゃいけないよ、そりゃあんまり無責任だよ。これは「事故が起きたら」ではなく「順調に運転していたら」発生する/し続ける問題なんだから。

 映画を見た当日のブログはこちら

« 【バレエ】「ジゼル」キャスト表(11.8.17/18) | トップページ | 【バレエ】チャリティ・ガラ HOPE JAPAN »