フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【バレエ】2012.2.7「ライモンダ」キャスト表+レポあど | トップページ | 【バレエ】コジョカル・ドリームプロジェクト Bプロ »

【バレエ】コジョカル・ドリームプロジェクト Aプロ

2012.2.19 アリーナ・コジョカル ドリーム・プロジェクト Aプロ ゆうぽうとホール

 Aプロ最終日に行ってきました。座席は2階前よりのがっつり下手(笑)。全幕ものではないので、エチュードで時々半分しか見えない人がいるくらいで、特に問題なし。遠目でわからないのはムンタギロフだけなので、わからない人はいない、と同じだしな(←わからない人=ムンタギロフだから、全員わかる)。

◆第1部◆

「ラリナ・ワルツ」
振付:リアム・スカーレット 音楽:ピョートル・I. チャイコフスキー
アリーナ・コジョカル、ローレン・カスバートソン、ロベルタ・マルケス
ヨハン・コボー、スティーヴン・マックレー、ワディム・ムンタギロフ、セルゲイ・ポルーニン

 特に新味はないような擬古典ですが、特に難点もないという。幕開けらしい華やかさもあるし、メンバーが入れ替わり立ち替わり技巧を披露し、おそらくは多少人数が変わってもオッケー(5〜9人くらいまではいけそう)ではないかという点でも、こうしたガラには便利な気がします。
 ムンタギロフはペルミからロイヤルの学校へ、そしてENBに、という経歴だそうですが、最初に出た時に「ああ、ロシアだなー」と思いました。イメージ的には、スタイルがよくて未熟なグダーノフというか(なんだよ、それ)。


「ゼンツァーノの花祭り」
振付:オーギュスト・ブルノンヴィル 音楽:エドヴァルド・ヘルステッド、ホルガー・シモン・パウリ
ロベルタ・マルケス、ヨハン・コボー

 マルケスもカワイイけどコボーもカワイイヽ(´▽`)/。ベテランの舞台が楽しいのは、ガラのPDD集でも、そこに自立したドラマを作り出せるからなんだなあ、と再確認しましたよ。コボーのマルケスへのアクション/リアクションがいちいちかわいくて、結構笑ってしまった。このオッサンを愛でてしまう癖は何とかした方がいいなー、とは、全然思わなかったりするけど。
 前回コボーをみたのは多分2010年のジゼルなんだけど、その時よりも下半身のラインがすっきりしてたような気がします。逸見さんや高岸さんもそうだけど、みんなラインに関しては難しいオトシゴロになってきたんだなあ、と妙な感慨。


「眠れる森の美女」より ローズ・アダージオ
振付:マリウス・プティパ 音楽:ピョートル・I. チャイコフスキー
アリーナ・コジョカル
ヨハン・コボー、スティーヴン・マックレー、ワディム・ムンタギロフ、セルゲイ・ポルーニン

 いやいやいやいや( ̄▽ ̄)。近来稀に見る面白いローズ・アダージョでした。伝説のペトゥポフ版、甲冑兜がっちゃんがっちゃんの4人の王子の対極を行きつつも、面白さでは拮抗するという。白の開襟ワイシャツに黒のスラックス、剣の変わりに赤い薔薇をひとつ腰にさした王子たちとピンクの、長袖チュールつきチュチュのコジョカル。しかしこのオーロラ、最初っからもうコボー王子一直線ですよ。最初の4人の手を取り換えながらのバランス、自分でバランスを長めに取って王子の手を取らないのはガラではよく見ますが、コジョカルってばもう「マックレー、シカトかよ!」てなくらいに無視。4人目のコボーには回転のサポートがあるのにぃ。その後もマックレーにはなかなか冷たいオーロラ。もう彼女の中では、ムンタギロフ(←特にどうでもいい)、ポルーニン(←特にどうでもいい)、マックレー(←これはイヤ!)、コボー(←本命♪)、という序列ができていたに違いない。マックレー、髪形がヤンキーだしな。

 て思い始めたらもうムチャクチャ面白くてー。大笑いながら見ちゃったよ。だってもう、マックレーかわいそ過ぎで。王子たちが薔薇を渡してピルエットのサポート、の場面では、すべてのピルエットをコボーがサポート。オーロラの前でアピールするマックレーに花束一括返還ですよ。あらー。そして受け取った薔薇をポルーニンやムンタギロフに配って歩くマックレー……( ̄▽ ̄)。にもかかわらず、最後の大技のプロムナードでも、ついに手をとってもらえなかったのだ! いやあ、哀れよのう……。


「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・バランシン 音楽:ピョートル・I. チャイコフスキー
ローレン・カスバートソン、ワディム・ムンタギロフ

 カスバートソンは久しぶりにみるけれど、ぱきぱきっと竹をわったような踊りっぷりで、それがしばしば雑っぽく見えたりもするけど、嫌いじゃないんだよなー。二人の合わせはまだ不完全だったけど、気持ちのよいPDD。何より、チャイパの音楽はそれだけで人を幸せにするよねえ。ムンタギロフものびのびとして、長い手足を活かした大きな踊り。久しぶりにすかっと爽快なマネージュを見られて満足だなー♪ 


「レ・リュタン」
振付:ヨハン・コボー 音楽:ヘンリク・ヴィェニャフスキー、アントニオ・バッジーニ
アリーナ・コジョカル、スティーヴン・マックレー、セルゲイ・ポルーニン
チャーリー・シエム(ヴァイオリン)、髙橋望(ピアノ)

 前知識なしに見たけど、とっても面白かった! 黒のサスペンダーズボンに白シャツのマックレーが、シエムのヴァイオリンに合わせて踊る、踊る。音に合わせたちょっとした振りがすごく粋。そうこうするうちにポルーニンが現れて、二人のダンス合戦。一度は「おまえもヤルじゃん」ってマックレーが手を差し出すのにポルーニンが「ふん!」てな具合で、さらにヒートアップ。そこへ同じようにギャルソンっぽいスタイルのコジョカルが現れて、今度はコジョカルの奪い合い……と思いきや、コジョカルは一心にヴァイオリンを弾くシエムにメロメロの一目ぼれ。

 超絶技巧の嵐なのに、音楽に合わせてぽんと空気を抜くような小粋な振りがそこここにあって、コボーの振付(とは思わなかったよ!)のセンスの良さが光る。それも、その超絶技巧をさらりとやってのけた上に、ドラマの上でも息がぴったりのトリオあってこそで、振付+ダンサー+ミュージシャンが一体となった、幸福な演目でありましたー。


◆第2部◆

「エチュード」
振付:ハラルド・ランダー 音楽:カール・チェルニー、クヌドーゲ・リーサゲル
エトワール:アリーナ・コジョカル、ヨハン・コボー、スティーヴン・マックレー、セルゲイ・ポルーニン
白の舞踊手(ソリスト):高村順子、佐伯知香
東京バレエ団

 もう何度も見た演目ですが、見るたびに短くなっていくように感じます(笑)。見る側のペース配分もできてきたということか(笑)。3景のシルエットはいつ見ても好き。そしてエトワール登場の4景、あのイントロを聴くだけでちょっと涙目になるんだよなー。今日は出ないけどなー(誰が)。

 元は男性エトワール2人の作品を3人でというのはどうするのかなーと思いきや、コボーはシルフの場面だけの登場でした。で、大変なとこがマックレーで、残りがポルーニン。
 ……もとい。コボー=シルフ、マックレー=(木村ーシルフ+大回転+指ぱっちん)、ポルーニン=(高岸ー大回転ー指ぱっちん)、ってとこかな。マックレーが赤い靴を履いてるかのように踊りまくってたなあ。しかもひとつひとつが正確。テクも体力もたいしたもんだ。指ぱっちんはもう少し「おらおらおらおらーーーああ!!」なラテンっぽさが欲しい気もしたけど、それは高岸さんで見慣れてるからだよなあ( ̄▽ ̄)。

 コジョカルは、その華やかさとテクの強さで、キラキラと盛り上げてくれました。両掌を外側にかえすポーズはちょっと形が違うなー、と思ったけど、女性たちが対角線上にどんどんシェネの速度を上げていくパートでは、ものすごい加速シェネで、びっくらこでしたよー。

 文字通り耐久レースの群舞は、3連続の最終日とあって、ちょっと疲れもあったような。高村さんの踊りはやっぱり好きだな。
 男性は氷室ックが隊長さん(3人の先頭)。えーと、順不同で、氷室、梅澤、ナガセ、宮本、松下、小笠原、安田、杉山、弾、永田、あと2人わかんなかった(←ちょっと口惜しい)。このところ、梅さん、一歩遅れて杉山・安田両くんが、徐々にポジションアップという感じです。杉山くんは、バナや先だってのコサックダンスよりも、こうした古典系統の方が上手いと思いますが、いいところを伸ばしつつ、いろいろこなせるようにがんばって欲しいなあ、と。今が伸び盛り、という気がする。ソリスト陣は盤石だけど、こういう群舞の時に、出過ぎずにすっと溶け込めるというのも、それはそれでよいなあと。オーラ出し入れ自在な人が増えてきたような。


 考えてみれば、この公演自体が、キャンセルされたノイマイヤーの代替公演だったんだよねえ。本当だったら、東バがロミジュリをやるはずだったわけで。それを急遽2プログラムを組み立ててくれた、コジョカルと仲間たちに感謝。彼女たちの、「みんなを楽しませよう!」という意気込みの伝わってくる、楽しくて幸せな公演でした。

« 【バレエ】2012.2.7「ライモンダ」キャスト表+レポあど | トップページ | 【バレエ】コジョカル・ドリームプロジェクト Bプロ »