フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【バレエ】コジョカル・ドリームプロジェクト Aプロ | トップページ | 【バレエ】モンテカルロバレエ団Aプロ »

【バレエ】コジョカル・ドリームプロジェクト Bプロ

2012.2.21 アリーナ・コジョカル・ドリーム・プロジェクト Bプロ ゆうぽうとホール

 さて、Bプロの方は平日とてかなり厳しかったですが、そんでもムリムリ行ってきましたよ。というわけで、初日。定時になんとか上がったものの早退はできなかったので、最初の「ラリナ・ワルツ」が終る頃にようようゆうぽうとに到着。演目の合間に入れてもらって、「タランテラ」から見ることができました。席は2階やや後方、下手側。最近定位置だなー。

◆第1部◆

「ラリナ・ワルツ」 振付:リアム・スカーレット
アリーナ・コジョカル、ローレン・カスバートソン、ロベルタ・マルケス
ヨハン・コボー、スティーヴン・マックレー、ワディム・ムンタギロフ、セルゲイ・ポルーニン

 というわけで。でもAプロで見たしさー(負け惜しみ)。

「タランテラ」 振付:ジョージ・バランシン
ロベルタ・マルケス、スティーヴン・マックレー

 タランテラは見る機会は何度かあったんだけど、毎回「こんなんだっけかな?」と思うという(笑)。好きとか嫌いとかではなく、なにか「覚えられない」らしい。
 マルケスは可愛く、マックレーは疾走感があってちょっとやんちゃなイメージ。マルケスにもう一味あるとよかったかなあ。コーダのやりとりが楽しい。


「くるみ割り人形」より グラン・パ・ド・ドゥ 原振付:ワシリー・ワイノーネン
ダリア・クリメントヴァ、ワディム・ムンタギロフ

 こうしたガラで「くるみ」というと「またあ?」と思わなくもないのだけど、今回はそんなことを思ったぢぶんが申し訳ない……orz(土下座)。心が洗われるようでしたよ……。間に合ってよかった。
 ムンタギロフの王子はもう申し分ないなあ。マナーといい、見た目といい、技術といい。長い手足をのびやかに使って、さわやかで品のいい王子さま。クリメントヴァのピンクのチュチュは、いかにも砂糖菓子。ちょっとケレン味もつけた金平糖で、なんというか、「これがくるみのPDDってもんだよ!」っていう、いかにも王道のくるみでしたよ。クララじゃなくて金平糖のバージョンって感じで。アダージョの最後のキメが横抱きなのも個人的にポイント高し。クリメントヴァは白鳥とかでも見てみたいですねー。ENBの来日公演ってあまり記憶がないけど、どんなダンサーがいるのか、ちょっと気になる。


「ディアナとアクテオン」
振付:アグリッピーナ・ワガノワ 音楽:チェーザレ・プーニ
ローレン・カスバートソン、セルゲイ・ポルーニン

 衣装が普通だ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ いや、そんなことに驚いてもしょうがないんだけど、なんかこの演目の衣装って、真っ赤だの、豹柄だの、ゼブラ柄だの、とんでもないものが来ることが多くてー(ロシアだけか、そんなの)。
 カスバートソンはディアナが似合うなー、と思ったら、前々回のロイヤルの来日ではシルヴィアを見たのだったよ( ̄▽ ̄)。彼女はこういう小気味よい感じの踊りが似合うのかも。ポルーニンは大技連発だったけど、肝心の「くねっ!」がなかったよΣ( ̄ロ ̄lll)。あれがなくてナニがアクティオンだ! アダージョの出の一番最初に「今、くねっってした?」っていうのが一発あっただけやん! 「くねっ!」三連発のないアクティオンなんてええええ(-”-メ)。ディアナに撃たれるところで2回、聖セヴァスチャンのごとき恍惚をまき散らしておりました。最後にちゃんと撃たれて死ぬアクティオンを初めて観たかもなあ(これならエロスに脅迫されそうですなー……いや、だからそれはエンディミオン)。


「椿姫」より 第3幕のパ・ド・ドゥ 振付:ジョン・ノイマイヤー
アリーナ・コジョカル、アレクサンドル・リアブコ 三原淳子(ピアノ)

 えーと。いわゆる黒のPDDで、ガラなどではもう何度も観てるんですが、考えたら全幕で観た事ないな……。HDの中にはあるけどな……。
 コジョカルはマルグリットをやるには可憐すぎないだろうかと思ったけれど、ヴィジュアル的にはとてもよかったです。リアブコともお似合いだし。ただ随所で「こんなんだっけ?」と思うところが。なんというか、「ぱきーん」な感じ。特にリフトでのけ反って両手を外へ回す時だな。リアブコともども、非常に激しく、情熱的なのは感じるんですが、それが響いてこないというか、ものすごく遠いところからそれを眺める、という感じ。いや、実際遠いですけどね、2階後方だから。席と舞台の物理的な距離感を埋めきれなかった気がするなあ。


◆第2部◆
「ザ・レッスン」
振付・デザイン:フレミング・フリント 音楽:ジョルジュ・ドルリュー
教師:ヨハン・コボー 生徒:アリーナ・コジョカル ピアニスト:ローレン・カスバートソン

 チラシに出ていた、「バレエ教室での狂気」みたいな予備知識しかなかったので、「パブロヴァとチェケッティ」みたいなのかな?(←自分が見た時はコルプだった)のだけど、全然ちがった( ̄▽ ̄)。
 乱雑な半地下の稽古場のセット。カスバートソンが舎監先生みたいにびしびしっと四角張ってそれを片づけている最中にベルが鳴って、コジョカルが訪ねてくる。そして、コボー先生の登場。

 カスバートソンがピアノの上に置いてあるトゥシューズをいまいましそうに処分しようとしてるのを観て、「あ、コボー先生はトゥシューズを観ると狼男になる体質かも( ̄▽ ̄)」って思ったら、当たらずといえども遠からず、であった。そんで、コボー先生の登場のいかにも「人とコミュニケーションできません」オドオドっぷりを観て「あ、コレクター( ̄▽ ̄)」と思ったら、これも当たらずといえどもと借らず、で(笑)。幕が降りたときに「コボー先生んちの地下室のクローゼット、コジョカルでいっぱい( ̄▽ ̄)!」って思ってうっかり笑っちゃったもんなあ。

 無邪気な無神経さを振りまく可愛いコジョカルと、指導しながらどんどんダークにエキサイトしていくコボー。ブレーキをかけようとしてぶち切れてしまうカスバートソン。三人が三人ともはまり役。ちょっと「狼と赤頭巾」のようでもあるな。大の字を半分曲げた大きな横へのジャンプは狼のようだし。でもやっぱり、足フェチ(脚、でなく)であるようにも。足、つま先へのこだわりが、その指導を重ねるうちに爆発するような、そんな感じもしたのは、冒頭のトゥシューズからの連想かもしれないけど。でもコボーのつま先がまたスゴイしさあ。なんで両膝を曲げてバレエシューズ(かな?)の先だけで立てるんだろう。あのポーズがとにかく凄い。

 最後、コジョカルの死体を二人で片づけ、カスバートソンが稽古場を片づけ始めると、次の生徒がベルを鳴らす。キタ━━(゚∀゚)━━!!!  次のコジョカル! 


◆第3部◆
「ドン・キホーテ」 ディヴェルティスマン
原振付:マリウス・プティパ 音楽:レオン・ミンクス
アリーナ・コジョカル、ローレン・カスバートソン、ダリア・クリメントヴァ、ロベルタ・マルケス、
ヨハン・コボー、スティーヴン・マックレー、ワディム・ムンタギロフ、セルゲイ・ポルーニン
高村順子、西村真由美、乾 友子、高木 綾、奈良春夏、田中結子、吉川留衣、岸本夏未

 最初に企画を読んだときには、コジョカルとコボーまたはマックレーがキトリとバジルで、あとはエスパーダだのメルセデスだの、東バの子たちががやがやとにぎやかして……というようなのを想像してたのですが、単純にGPDDの入れ物の中で、4人のバジルと4人のキトリがかわるがわるにソロを踊る、というものでした。まあ、そんなものだろうな……。

 いや、舞台の方は「そんなもの」なんていったら罰が当るくらい、超絶技巧の応酬でしたが。キトリは全員違う衣装ながら、赤と黒に統一。バジルはマックレーだけが床屋仕様(でもなぜかソロは違う曲)。

 東バの8人は、ドリアードの薄オレンジのチュチュで、GPDDのアントレ。乾さんと西村さんがコボーと1幕のヴァリを踊り、コジョカルと3人フェッテをやりましたが、ほかの6人はアントレのあとは後ろで座る要員。このメンバーでそれだけなのはちょっともったいないなー、と思いつつ。

 で、アントレの後のアダージョで、黒ブラウスに赤のあしらいが入ったコボーとコジョカルが出てきた瞬間にですね、

 「これ、絶対コボー先生の妄想!」

って思っちゃいましてん……( ̄▽ ̄)。先生の妄想の中で二人は華やかに踊り続けるのだ。

 ……いや、そういう話じゃなくて。しかしコボー、ホントに楽しそうだなー。

 コジョカルは例によって、超絶バランス入り。コボーが途中で「もういいや」って、差し出してた手を引っ込めちゃったくらい。まあガラだからいいですよ、全幕だったら白けるけれど。ここまでやれば笑っちゃうしね。いやいっそのこと、コボーも隣でやってくれたらよかったのに。コボーならきっと、コジョカルに負けない長バランスになるに違いないよなー(←ということを考えるヒマがあるくらい、長い)。

 えーと。ムンタギロフが普通のヴァリ、マックレーとポルーニンが聞き覚えはあるけど今一つ思い出せないソロ、マルケスがカスタネット(なしだけど)のソロ、クリメントヴァとカスバートソンがそれぞれ友人のソロだったかな。リアブコはやっぱりこういうものを踊る人じゃないんだろうか。
 ポルーニンがグランテカールでガンガンマネージュしていくのを観ながら、ああ現代っ子(←死語)なんだなーと思いましたです。ABTあたりでゲスト契約するフリーとしてゆるっとやっていくことになるんだろうか。鍛えてもらえるのは組織にいる間だけやで、と思うけど、まあ自分の人生やしな……。

 まあいろいろいいながらも、盛り上がりましたですよ。30分もあったとは思えなかったな。

 A・Bプロとも、「お腹いっぱい」というよりは「腹8分目、もう少し観たい」というような気分。「いいガラだったけど観る方もくたくた」というよりも、個人的にはよかったです。コンテも予備知識無しに観てもわかりやすいものだったし、気楽に楽しめるエンタテインメントとして、とても上質なプログラムでした。こういう肩の凝らないものもいいよねえ。「ドリーム・プロジェクト」だもの。

« 【バレエ】コジョカル・ドリームプロジェクト Aプロ | トップページ | 【バレエ】モンテカルロバレエ団Aプロ »