フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

【バレエ】モンテカルロバレエ団Aプロ

2012年3月7日(水)モナコ公国モンテカルロ・バレエ団Aプロ 東京文化会館

 コピエテルスとローラントはガラなどで観たことがありましたが、バレエ団としては初見。以前、テレビで放映された「ラ・ベル」が好きじゃなかったんで、食わず嫌いというか(食ってはいる?)、敬遠してたんですが、祭典演目ということで行ってきました。結果としては観られてよかったな。席は1階やや前方の下手はじ(←割りと好きな辺り)。


「シェエラザード」
振付:ジャン=クリストフ・マイヨー (ミハイル・フォーキンへのオマージュ)
音楽:ニコライ・A. リムスキー=コルサコフ 美術・衣裳:ジェローム・カプラン
舞台装置部分:レオン・バクスト 照明:ドミニク・ドゥリヨ

愛妾ゾベイダ:小池ミモザ シャリアール王:ガエタン・モルロッティ 
シャゼーマン (王弟):レアルト・デュラク 宦官長:ロドルフ・ルカス
金の奴隷:アレクシス・オリヴェイラ、ジェオルジェ・オリヴェイラ
お気に入りの奴隷:ステファン・ボルゴン、ジェローン・ヴェルブルジャン、ラファエル・ボシャール、アシエ・ウリアゼレカ
お気に入りのハーレムの女たち:モード・サボラン、アンハラ・バルステロス、カロリン・ローズ

 セットは中央にV字に設置してある2枚扉のみ。キャスト表を見て「金の奴隷が二人?」と思ったら、本当に二人でした。名字同じだし、ちょっと似てるし、兄弟なのかな。
 板付きで、男性奴隷の群舞から。普通にシェヘラザードの奴隷っぽい衣装の群れと、やや簡素な黒の衣装の群れ。ゾベイダは白の胸当と長パンツ。王が黒の長い付け髭に黒の衣装、王弟が銀なんだけど、なんとなく王の衣装が簡素なので、ちょっと人に埋もれた感じに。

 元作通りのストーリーではありますが、最後はともかく、始まりはそれほど明確ではないのかな。宦官長に鍵をねだるとか買収するとかいう場面はなかったような(←あったのかも)。

 ミモザさんは初めてみるけど、すごいプロポーション。「ゾベイダ」はあくまでも彼女だけど、金の奴隷が二人いるのと同様に、「お気に入りのハーレムの女」の一人(サボラン?)がゾベイダと同じ衣装で、部分的にシンクロして踊る。

 これがとても面白かったです。ゾベイダと金の奴隷の片方、というミニマムなペアから、ゾベイダと金×2,(ゾベイダ+金)×2、さらに2組(4人)増量(マックス)のユニットが増減を繰り返しながら踊るんだけど、それが人数が増えても存在するのはゾベイダひとりみたいに思える。ゾベイダの「高まり」が、人の数として可視化されていくようなイメージ。フォーキン版でのPDDの曲が終るまで、そんな感じでした。あとはどんちゃん騒ぎだけど(笑)。だから最後に扉が開いて、奴隷たちの死屍累々が見えても、それは奴隷たちというよりも、ゾベイダの殺された「官能」のように思える。

 男性は南米系? の人が多いこともあって、すごくわかりやすいセクシーさ(^▽^)。「もう一人のゾベイダ」も(こちらは白人)わかりやすかったな。下世話にいえば、「おとせる」と思うのは「もう一人」の方で、「おとしたい」と思うのは圧倒的にゾベイダ(ミモザさん)の方だ。浮世絵風のセクシーさというか、淫猥さというか。でもどこかすっきりしていて、「猥雑」ではないんだな。非東洋人男性に一定「東洋女性フェチ」がいるのがすごくよくわかるなー。ていうか、ぢぶんの東洋男性フェチも、えーと……orz。
 ……ええまあだから、ほとんどミモザさんしか観てなかったですよ。思わぬ吸引力だったな。

 ラストの3人の殺され方は無性にリアルでしたが、後ろから剣で貫通されたら前には引き抜けないよなあ、と余分なツッコミを入れてみたり。
 

 

続きを読む "【バレエ】モンテカルロバレエ団Aプロ" »

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »