フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

【バレエ】ウィンナー・ガラ

2012.4.25 < ウィンナー・ガラ > ウィーン国立バレエ団 東京文化会館

 ルグリ率いるウィーン国立バレエの来日公演。3時間の長丁場で、ネオクラ系のコンテが多く、平日に観るには疲れたなー、とも。ひとつひとつの演目はそれぞれに面白くはあったんですが、一晩で全部観なくても(笑)、というとこでしょうか。席はかなり前方の上手側。体調が今一つだったので、オペグラを使わずにすんだのは助かった。1演目が長めなので、頻繁に幕が開け閉めされてそのたびに瞳孔が疲れるということもなくて助かりました(^▽^)。

「バッハ組曲第3番」
振付:ジョン・ノイマイヤー 音楽:ヨハン・セバスティアン・バッハ

マリア・ヤコヴレワ ‐ ロマン・ラツィク
橋本清香 ‐ ミハイル・ソスノフスキー マルタ・ドラスティコワ ‐ アレクサンドル・トカチェンコ アリーチェ・フィレンツェ ‐ ドゥミトル・タラン 澤井怜奈 ‐ ダヴィデ・ダト

 いわゆる「シンフォニック・バレエ」の範疇でいいんですかね? 「目で見る音楽」の系統の。男性は赤のタンクトップ系+赤タイツ、女性は薄いピンクから赤までの色みのレオタードに小さなスカートのついたもの。スカートのグラデーションがキレイだったな。
 なんか、のっけからトカチェンコが気になる。誰かに似てるんだけど誰に似てるか思い出せない(笑)。突出して上手いとかでは全然ないんだが(むしろ……)、しかも別段好みの範疇でもないんだが、なんか気になる( ̄▽ ̄)。ロシア系バレエ団には必ずひとりくらいはいるタイプのダンサーなんだがなあ。
 真ん中を踊った組はさすがに上手かったですが、あとは実力的にはばらんばらんというか。澤井さんはいわゆる日本人的な顔の輪郭でわかりやすかったけど、橋本さんはわからんかったな。ちょっと乾さんを思い出させるようなー、と思っていたのが橋本さんだったのだろうか(←女性の同定ができない)。
 真ん中の「G線」を使ったPDDは造型的には面白いけど、それ以上の何かってわけでもないなと思い。その後のヤコヴレワのソロがとてもよかった。この辺り(3曲目)からダンサーも温まってきたらしく、ラツィクのソロもよかったです。全体に、手首から先の動きのきれいな人が(男女問わず)多いですね。
 そして休憩時間にキャスト表を見直して、ありゃノイマイヤーだったのかいΣ( ̄ロ ̄lll)と思ったぢぶん。まあそんなもんっす。

続きを読む "【バレエ】ウィンナー・ガラ" »

【映画】ヒョンスンの放課後

ヒョンスンの放課後

監督・プロデュース・脚本:ダニエル・ゴードン/2004年作品/イギリス映画

 「気味の悪いもの」の喩えとしてよく使われるものに「北朝鮮のマスゲーム」がある。揃いすぎていて気持ちが悪い、というのがそのココロというわけだが、これはそのマスゲームを演じる少女のドキュメンタリー。

 平壌に住むヒョンスンは十三歳。祖父は建設現場で重機を操り、父は役所の運転手という労働者階級の家の一人娘。すでに二度、体操でマスゲームに選抜されたことがある。仲良しのソンヨンは、ヒョンスンと同じ体操クラブに通っている十一歳。父親は大学の物理の助教授という知識階級。二人とも、次のマスゲームに選抜されることを目指して、毎日放課後にクラブで練習に励んでいる。映画は二人の日常を軸に、北朝鮮の政策、歴史、そこに住む人々を写し取っていく。

続きを読む "【映画】ヒョンスンの放課後" »

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »