フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

【映画】ラ・ワン

RA・ONE(ら・わん)

アヌバウ・シンハー監督/インド/2011/原題RA,ONE

 デジタルデータを実体化する技術を開発したイギリスのバロン社。同社のゲーム開発チームのシェカル(シャー・ルク・カーン)は、悪役好きの息子・プラティク(アルマーン・ヴァルマー)のおねだりで、最強の悪役ラ・ワン(アルジュン・ラームパール)が正義のヒーロー・Gワンを倒すゲーム「ラ・ワン」を制作。その完成発表会でデモを見たプラティクはすっかり魅了され、発表会後のパーティの間、開発室でゲームをする。帰る時間になって途中でゲームをやめたプラティクをラ・ワンは許さず、彼を殺すためにデータから実体化。プログラムの異変に気づいた開発チームのアカシ(トム・ウー)を殺して彼に変身し、さらには息子を守ろうとしたシェカルをも殺害。すさまじいカーチェイスを繰り広げながら逃げる妻・ソニア(カリーナー・カプール)とプラティクを追いつめるラ・ワンの前に立ちはだかったのは、シェカルの記憶と顔をプログラミングされて実体化したGワンだった。一度はラ・ワンを倒してボンベイに帰った一家だったが、やがて復活したラ・ワンもプラティクを追ってボンベイへ……。

 久しぶりのボリウッド映画、久しぶりのシャー・ルク・カーンヽ(´▽`)/。20年ぶりに見るボリウッドはすっかり洗練されたCG満載のSF映画(でもダンスシーンは人海戦術)になっておりました。そしてどんなにダンサーたちの大臀筋がぶるんぶるんしようが、ヒロインがどどーん!のダイナマイトボディだろうが、キッスはほっぺまで、でありましたよ、相変わらず( ̄▽ ̄)。お約束通り、土砂降りシーンはあったけどなー(←Tシャツではなかったような)。

 

続きを読む "【映画】ラ・ワン" »

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »