フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【バレエ】早川惠美子・博子バレエスタジオ 「眠れる森の美女」2012/10/20 | トップページ | 【バレエ】早川惠美子・博子バレエスタジオ 「眠れる森の美女」その3 »

【バレエ】早川惠美子・博子バレエスタジオ 「眠れる森の美女」その2

 つづきです。2幕から。

 ジプシーの群れ(らしき衣装の人々)が板付きになっていて、一瞬「ドンキか?」と。そして「王子の側近」(←いわゆる「従者」)が現れ、やがてやってくる貴族一行に飲み物を出すようにとの指示があり、一瞬「ジゼルか?」と。従者(側近)は先ほど目を付けた藤井さん。

 人が出るたびにぱらぱらとフライング拍手が出るくらいに気を持たせつつ、やっとこさ「王子登場」ですよー ヽ(´▽`)/。白のブラウス、白の上衣、白タイツ。黒のおりぼんつきエクステで軽くしっぽをつけた、久しぶりに正統派の王子スタイル。上衣つきは滅多に拝めないからなあ……(ノ_-。)。というか、エクステつきは初めて見るのか? 意外にナチュラルな似合い方だったなー。

 伯爵夫人をエスコートして……のはずですが、腕組んで歩いてたはずなのに、落っことして来ても気づかなかったりして、「またかよ!また連れてるの忘れてるのかよ!(≧∇≦)」(←いやまてその(≧∇≦)はなんだ)ではありましたが、今回は相手が伯爵夫人だから(というより自分が王子だから)怒ったりはしませんのよ。
 上手側に立ってため息をつきつつ、あらぬそっぽを向いている王子に(ああなんでまた自分は下手側なんか取っちゃったんだよ!ヽ(`Д´)ノなどと思いつつ)、伯爵夫人が「なぜ泣いてらっしゃるの?」と。「え? 泣いてませんけど?」(←うっかり同時ツッコミ( ̄▽ ̄))、という王子の気を盛り立てようと、目隠し鬼に誘います。

 「え? オレが? いやいやいやいやいやいや……お前、やっとけ」「ええっΣ( ̄ロ ̄lll)!!!」

 王子、従者に無茶振りキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ……って、アルブレヒトですか、王子……。

 ということで、無茶ぶりされた従者が目隠しして、女性たちによる目隠し鬼ガボット。馬用の鞭で地面を叩きながら踊るんですが、センターで踊りながらも、そっぽ向きっぱなしの王子を何度も気にする伯爵夫人が意外にもいじらしくてですね(笑)。大概の演出だと、伯爵夫人ってなんか「年増の横恋慕」みたくてうっとおしかったりするんですが、森本さんが色気がありつつもちょっとかわいらしかったりして王子と年齢が釣り合って見えるせいか(ごにょごにょ)、王子、ヒドイ……(ノ_-。)と。

 そして、今度は先ほどのジプシーのような村人(なのか?)のファランドール。佐藤祐基さんがよく跳ねて動いてましたが、……まあ端っこでアンニュイしてるんだか、機嫌悪いんだかの王子の方に目は行ってしまうのであり……ああなんで上手側取らなかったんだ、ぢぶん。

 そんなこんなでとりあえず解散。王子は、脱いだ上衣と鞭を従者に持って帰らせて、一人残ります。ソロというほどではない軽い踊りがあって、とはいえここまで踊りなしですから、ポール・ド・ブラ1本でも顔がほころぶ( ̄▽ ̄)。

 リラの精の再登場。リラの花が先についた枝(というか棒)を持ってます。プロローグでは気づきませんでしたが、結構上背のある人でした。ポワントで立つと木村さんより大きい。そして「なぜ泣いてらっしゃるの?」「え? 泣いてませんけど?」(←うっかり同時ツッコミ( ̄▽ ̄))をもう一度やって、「そんなあなたにはこんな可愛い姫を!」……って、ちょっと斡旋されてましたな。いやまあここはそんなぐあいで。

 「幻影の場」は群舞がクラシックチュチュでないのがちょっと残念ですが(裾に切り込みのあるすとんとした衣装)、踊りはとてもよかったです。ここのスタジオの群舞さんは本当に「気持ちいい」というのがぴったりだな。
 で、焦らされ王子( ̄▽ ̄)。群舞の中を追いかけっこ型ではなく、王子の後ろからオーロラが来てそっと触れる→振り向くと逃げるので追いかける→途中でリラが立ちはだかって阻止する→あー、なんだよもう……と舞台手前でちょっと拗ねる→王子の後ろからオーロラが来て……を延々と繰り返してました。いやもう本当に延々とやってるんで(5、6回?)、途中で王子がカード台を「ばんっ!!」と叩いて立ち上がっちゃったらどうしようかと……って、カード台ありませんでしたけども、幸いなことに。
 でも面白かったですよ。最初の2回くらいこそ王子もむっとしてましたけど、段々「来るかな? 来るかな?」ってドキドキ顔になっていってですね、「来るよね? 来る? キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」ぱたぱたぱたぱた……って、ええもうどこの高校生ですかっていうくらいの。
 いや、久しぶりにあんなにカヴァエエ木村さんを見たなあ。どこに隠してあったんだろう。

 オーロラの方は幻影なので控えめですが、後ろから触れるたびに、ちょっと大胆な触れ方になったりしてね。かわいいなあ。ヴァリエーションもよかったですよ。

 パノラマは船で。リラと王子が乗ると、舞台をぐるっと回るようにできていて、割とよくある仕掛けではあるんですが、あれはどうやって動かしてるんでしょうね? レールがあるわけではないので、電動の遠隔操作なんだろうとは思うんですが。松山の大型仕掛けも、中には人が動かしてるのもあるんですが、どう見ても人が入れないサイズのもあるし、毎回謎。王子、結構楽しそうだったなー。

 さて、お城に到着。暗いところだと、リラの持っていた枝(棒)の、花のところが光るんですよーヽ(´▽`)/。いやびっくり。
 そして王子とカラボス一味の対決。王子つええよ! 一応そこは、一度カラボスの手下にやられるとか、リラから魔法の剣のたぐいのアイテムをもらうとかするような気がしてたんですが、もういきなり「なぎはらえ!」です。ちぎっては投げ、とする間もなく、片手で手下二人ずつふっとばしてたような。プリンシパルは伊達じゃねぇな。残るカラボスとは対決を幾度か繰り返して勝利。カラボスを後ろから羽交い締めにして投げ捨てた王子は初めて見ましたよ?(≧∇≦) 
 カラボスを倒して、そのままオーロラの寝台の元へ一直線の王子が、そこでハッとリラの方へ向き直ります。
 「寝ちゃってますけどー?」(←途方に暮れた感じが無性にカワイイ(≧∇≦))
 「頭つかいなさい、頭」

 そうか! ……って、それで「キスすればいい」という論理の飛躍は木村さんのせいではないのですが、毎度ながらそーいうことを思いつく王子と、そういう人材を選ぶリラはどうなんだと思ったり思わなかったり。いや、意外と似合ってましたけども。

 そういうわけで、大団円です。王様、もういつ隠居して王座譲っても大丈夫だな。
 

« 【バレエ】早川惠美子・博子バレエスタジオ 「眠れる森の美女」2012/10/20 | トップページ | 【バレエ】早川惠美子・博子バレエスタジオ 「眠れる森の美女」その3 »