フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

« 【バレエ】早川惠美子・博子バレエスタジオ 「眠れる森の美女」その3 | トップページ | 【バレエ】新国立劇場バレエ団「シルヴィア」その2 »

【バレエ】新国立劇場バレエ団「シルヴィア」(2012。11。2)

2012.11.2 「シルヴィア」 新国立劇場バレエ団 新国立劇場

シルヴィア:佐久間奈緒 アミンタ:ツァオ・チー
ダイアナ:本島美和 オライオン:厚地康雄 エロス:福田圭吾

 ほかのキャストはのちほど入れますー。


 ビントレー版日本初演。ビントレーがどんな風に料理するのかも楽しみだったし、なんといってもツァオ・チーが来るなら一度くらいは見なくちゃね! というわけで、久方ぶりの新国立。マイレンも古川さんも出ていないのが残念だなー。そういえば輪島さんとも縁が薄い。席は2階の下手サブ、ちょっと後ろめ。A席の中でもコスパのよい辺りなので、新国立だと大体ここいら。

1幕1場。 物語は伯爵家(現代)の結婚記念日パーティから。エロスはそこそこ年取った庭師で、終始(再終幕の変装以外は)白のスーツで、チャップリン的。伯爵と伯爵夫人の仲はさめており、パーティの間も伯爵は女性客たちにちょっかいをかける。スキンヘッドにグラサンをかけて身体をくねらせる、「記号化されたゲイ」であるジルベルトとジョルジュが、銀色の大きな箱を持ってくる。中にはギリシャ神話の兜や弓矢、盾、海賊の帽子などが入っており、客たちはそれを身につけて遊びに興じる。伯爵家の家庭教師のシルヴィアは二人の子どもを寝かしつけるために捜しているが、伯爵に言い寄られて思わずほほを張り倒してしまう。それを恋人である召使いのアミンタと伯爵夫人にも目撃されてしまい、気まずい雰囲気に。シルヴィアは、伯爵夫人が連れていた子どもたちを連れて去り、伯爵と伯爵夫人もそれぞれにその場を去る。アミンタは、自分の前掛けを外して大きな神像(エロス像?)の前におくと、神像に向かって嘆く。エロスは彼らを神話の世界にタイムスリップさせる。

 チャップリン的なエロスは、人によっては「カワイイ!」って思うんだろうけども、こういう「仕立て」はあまり好みではないんだよなあ。福田さんはとても達者な人だとは思ったけど。伯爵の厚地さんは、本当にスタイルがいいなあ。若き伯爵というか、呉服屋の若旦那というか、ちょっかいの出し方が結構ナチュラルな気が(笑)。本島さんの伯爵夫人はちょっと姉さん女房だけど、夫にかまってもらえないつまらなさというか、むなしさというか、がよかったな。招待客の踊り(ギリシャ神話の小道具をつけての戯れ)が思ったよりもあって、ブルジョア層の堕落した雰囲気が出ている。こういう辺りは新国だなあ、と。

 ジルベルトとジョルジュも、人によっては「楽しい!」って思うんだろうけど、やっぱりこういう「仕立て」は好きになれない。93年の初演だから、時代的な制約もあるのかなと思うけど(でもイギリスの93年だったらもう少し進んでそうな……)、こういう笑うための記号化にはうんざりというか、飽き飽きしたというか。彼らが、物語のひとつのポイントである「小道具の入った箱を持ってくる」役であるのも、「トリックスターとしてのゲイ」あるいは(もしくは「つまり」)「ゲイってクリエイティブ!」というイデオロギー(ここはあえて「イデオロギー」)の踏襲であるわけで。まあ93年の初演だからね……(←言い聞かせてみてる)。

 照明が暗いのと、神像のセット(立派!)が黒っぽいのとで、向かい合う二つの神像が何なのかがよくわからない。「シルヴィア」に沿っていえば、上手の、アミンタが前掛けを置いて訴える方がエロス像なんだろうけど。チーちゃんはやっぱり好きだな。佐久間さんともども、大柄ではないし東洋人なので、新国立のダンサーの中に入っても違和感がない(ちょっと埋もれ気味?)けど、踊るとやっぱり好きだなあ、と思う。なんだろうな。神像に向かって切々と訴えかけるソロはとってもよかったんだけど、シルヴィアは伯爵を拒否したわけで、アミンタの嘆きっていうのはなんだろね。「僕たちも愛し合っていても、いずれあんなになってしまうんですか?」ということなんだろうか?

 2場。神像のセットはそのままに、伯爵邸のセットが除けられ、神話の世界に。アミンタが神像の後ろに隠れると(←これが結構大変そう)、ダイアナの一行が現れてくつろぐ。伯爵夫人はダイアナに、シルヴィアはお付きのニンフの一人になっている。ダイアナは向かい側の神像の向こうで水浴びをするが、アミンタの前掛けがニンフに発見され、アミンタは引きずり出される。アミンタはニンフの中にシルヴィアをみつけ、助けを求めるが、シルヴィアにはアミンタはわからない。アミンタは女神に目をつぶされ、女神一行は去って行くが、アミンタが気になるシルヴィアは戻ってくる。そこへ狩人のオライオン=伯爵が現れ、シルヴィアをさらって行く。エロスが神像の矢を放って、アミンタにシルヴィアが連れ去られた方向を示し、アミンタはその後を追って行く。

 冒頭のニンフの群舞がよかったですー。群舞ではここがいちばん見ごたえがあったな。本島さんがきりっとしてかっこよかった。こういう強い役が似合うのかな? アミンタが目をつぶされるのは何か魔法的な手段なのかと思ったら、矢で「えいっ!」って即物的にやられてました。アミンタは前世(? 逆?)のままの格好だけど、特に違和感はない感じ。途中から目隠しだし。エロスも、神話の世界に戻ってもスーツのままなのは筋としてはわかりやすいけど、彼が「エロスである」ことについてはわかりにくいような。エロスが自分のフィールドに戻って来た、ということではないんだろうな。

 オライオンはターザンがマグダヴェーヤになったような( ̄▽ ̄)。「狩人」ってどういうイメージなんだ。シルヴィアをさらおうとするオライオンとアミンタとでトロワっぽくなるんだけど、アミンタは目が見えないからといって、明後日の方向に行き過ぎ( ̄▽ ̄)。矢が放たれた時には「そこかよ!(≧∇≦)」って、つい笑っちゃったよー。やっぱシルヴィアにはそれくらいないと!

つづく。

« 【バレエ】早川惠美子・博子バレエスタジオ 「眠れる森の美女」その3 | トップページ | 【バレエ】新国立劇場バレエ団「シルヴィア」その2 »