フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

文化・芸術

【舞台】狂言仮名手本忠臣蔵

2007.2.25 二月歌舞伎通し狂言仮名手本忠臣蔵 昼の部 歌舞伎座

高師直*富十郎/桃井若狭之助*吉右衛門/足利直義*信二郎/鷺坂伴内*錦吾/顔世御前*魁春/塩冶判官*菊五郎
石堂右馬之丞*梅玉/大星力弥*梅枝/大鷲文吾*秀調/小汐田又之丞*高麗蔵/竹森喜多八*松江/木村岡右衛門*男女蔵/倉橋伝助*猿弥/佐藤与茂七*宗之助/勝田新左衛門*桂三/小野寺十内*門之助/斧九大夫*芦燕/原郷右衛門*東蔵/薬師寺次郎左衛門*左団次/大星由良之助*幸四郎
早野勘平*梅玉/鷺坂伴内*翫雀/腰元お軽*時蔵


 東京バレエ団の「ザ・カブキ」の話を書いていたら、歌舞伎座常駐の友人からオルグを受けたので、行ってきました。歌舞伎座デビューです(笑)。初めは「夜の部で討ち入りを見よう」と言っていたのに土日の切符が取れず(←歌舞伎だとチケットじゃなくて切符、だなあ)、「昼の部で師直を見よう」ということに(笑)。席は三階、通路前のいちばん後ろ、下手寄り。思いの外よく見えたけど、花道はほとんど見えず。今度はぜひ、花道の見える三階で見たいなー。

 大序。まずは人形口上。幕前に人形(と人形遣い)が一人、その日の配役を紹介する。延々と紹介する。幕ごとに役者が変わったりするのでものすごく長い。名前を呼ばれた時の拍手で人気の度合いがわかるような気もするが、私は途中で挫折した。その間も人がひっきりなしに出たり入ったりする。客電が落ちないのもびっくり。人形が「なんかものでも食いながら見てくれ」という趣旨の発言をするので「あー、おせんにキャラメル文化だなー」などと思ったり。イヤホンガイドの解説が妙におもしろくて、ところどころ笑ってしまう。イヤホンをしていない人が見たら、すごく変だと思う。

続きを読む "【舞台】狂言仮名手本忠臣蔵" »