フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

音楽

【映画】エディット・ピアフ 愛の讃歌

エディット・ピアフ 愛の讃歌

オリビヴィエ・ダァン監督/2007年作品/原題「LA VieIE EN ROSE」

 伝説の歌姫——というよりはシャンソンの女王、という方が自分のイメージにあうのだが——エディット・ピアフの生涯を描いた映画。ドキュメンタリーではないが、ほとんどの歌はピアフ自身の録音を使っているそうだ。

 第1次世界大戦中のパリ。ごみごみとした路地にしゃがみ込む、薄汚れた女の子。それがエディット。母は路上で歌を歌って稼いでいる。その母に置き去りにされたエディットを、父が迎えに来る。父はエディットを、娼館を経営する自分の母(つまりエディットの祖母)の元に預ける(確か戦争にいくんじゃなかったかな)。娼婦のひとりティティーヌ(エマニュエル・セニエ)をはじめ、みんなから可愛がられるエディットは子どもらしい明るさを取り戻すが、角膜炎から失明してしまう。しかし、ティティーヌたちに連れられて聖テレーズにお参りした後、視力が回復し、エディットは聖テレーズを自分の守護神だと思う。戻ってきた大道芸人の父に連れられて、エディットはサーカスへ。そこも父のケンカで離れた後、芸がウケない父にうながされ、エディットは「ラ・マルセイエーズ」を歌う。

 1935年。20歳になったエディット(マリオン・コティヤール)は、親友モモーヌ(シルヴィ・テステュー)を連れてパリの路地で歌を歌って日銭を稼いでいた。ある日、名門クラブのオーナー、ルイ・ルブレが彼女の歌を聴いてオーディションを行う。そして「ラ・モーム・ピアフ」(小雀)の芸名で彼女を売り出す。成功もつかの間、ルイが他殺体で発見され、エディットは容疑者の一人に。モモーヌとも引き離されたエディットは、作曲家レイモンの特訓で「歌」を学び、コンサートを成功させる。飛ぶ鳥を落とす勢いのエディット。そしてアメリカ公演で、フランス人ボクサーのマルセル(ジャン=ピエール・マルタンス)と恋に落ちる。しかし、エディットに会いに向かう途中のマルセルが乗った飛行機が墜落する……。

エディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)DVDエディット・ピアフ~愛の讃歌~ (2枚組)

販売元:東宝
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "【映画】エディット・ピアフ 愛の讃歌" »

【舞台】ミューズ(女神)が贈る魅惑のロシアプログラム

06.6.30  東京交響楽団 ft.西本智実  ミューズ(女神)が贈る魅惑のロシアプログラム  東京芸術劇場大ホール 

【第一部】ハチャトリアン バレエ曲「ガイーヌ」から 剣の舞/バラの乙女たちの踊り/ゴパーク/アダージョ/レズギンカ
 ラフマニノフ パガニーニの主題による狂詩曲 ピアノ*岡本麻子
【第二部】ストラヴィンスキー バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
【アンコール】チャイコフスキー 「くるみ割り人形」花のワルツ

 いやー、心の洗濯でした♪ 素晴らしかったです。キーワードは「希望」。
 ヅカ系指揮者の名に恥じぬ(おいおい)美しさとかっちょよさでした。センターの席を取ってしまったので、ほとんど背中しか見えなかったのは返す返すも残念で、今度機会があったら、バルコニーを取りたいところです。しかもラフマニノフの時は、ピアノのフタの向こうに見え隠れするだけだったしなー。
 美しくかっちょよいだけではなくて、音やオケに対する「愛」を感じました。なんというかな。「柔らかさ」と言ってしまうと物足りない感じで、オケ全体を包み込んでいくような、それでいてぶつけるところはぶつけていく、その辺をあくまで品よく振っていくのはフェドートフ譲りなのかな、と思ってみたり(私の中の位置づけでは、フェドートフのお弟子さんで、アニハーノフのとこの首席客演の人、なのだ)。

続きを読む "【舞台】ミューズ(女神)が贈る魅惑のロシアプログラム" »