フォト

最近のトラックバック

Amazon Search

無料ブログはココログ

コメディ

【映画】THE 有頂天ホテル

THE有頂天ホテル

監督/三谷幸喜 2006年作品/東宝

 大晦日のホテル・アヴァンティ。宿泊部長・副支配人の新堂(役所広司)とアシスタント・マネージャーの矢部(戸田恵子)、飲料部長・副支配人瀬尾(生瀬勝久)は、年越しイベントやマン・オブ・ザ・イヤーの授賞式やら、宿泊客やらのトラブルやらでてんてこ舞い。ベルボーイをしながらストリート・ミュージシャンを続けてきた只野(香取慎吾)は、今日で退職して田舎に帰る予定が、相次ぐトラブルで「もう一日だけ」と懇願されて再び制服を着る。ウェイターの丹下(川平慈英)と恋人の客室係・野間(堀内敬子)はケンカの真っ最中。シングルマザーの客室係ハナ(松たか子)は、すさまじく散らかった部屋を片づけるうちに、その部屋の宿泊客である会社社長の愛人と間違えられて大芝居。ハナの昔の恋人、汚職国会議員の武藤田(佐藤浩市)は、マスコミから逃れて逗留中。今年のマン・オブ・ザ・イヤーの受章者の妻(原田美枝子)は新堂の別れた妻。ショーに出るはずのアヒルは逃げだし、総支配人(伊東四朗)は迷子になり、コールガールのヨーコ(篠原涼子)はうろうろする。新堂は無事に年を越せるのか?


THE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]DVDTHE 有頂天ホテル スタンダード・エディション [DVD]


販売元:東宝

発売日:2006/08/11
Amazon.co.jpで詳細を確認する


続きを読む "【映画】THE 有頂天ホテル" »

【映画】ルビー&カンタン

ルビー&カンタン

フランシス・ヴェベール監督/カラー/85分/2003年度作品/フランス映画/原題「Tois toi! 」(黙れ!)

 かつてルイ・ド・フュネスというおっさんがいた。もう覚えている人も少ないかもしれないが、ジャン・マレー主演の怪盗ファントマシリーズや「大混戦」「大沈没」といった「大××」シリーズで、六十年代から七十年代にかけて、大人気だった(と思う。私は大好きだった)コメディアンである。そんな映画をふと思い出す、ライトなフレンチ・コメディである。主演はおっさんになってしまったジャン・レノとジェラール・ドバルデュー。

 間抜けなコソ泥のカンタン(ドバルデュー)は、銀行強盗に失敗してムショ送りになるが、これが生来のおしゃべり好きのふざけ好き、同房の囚人とトラブルが耐えない。一方、ギャングのボスの愛人と恋に落ち、彼女を殺されたルビー(レノ)は、現金輸送車を襲ったギャングの手下から金を横取りして収監される。警察は完全黙秘を続けるルビーの口を割るため、カンタンを同房に。ところが純朴すぎるカンタンは、「うるさい」とも「黙れ」とも言わずに黙秘するルビーを、彼の話を喜んで聞いていると勘違い。生まれて初めてできた大親友と思いこみ、どこまででもついてゆくのだ。ルビーの脱走計画もカンタンのおかげでとんだ珍道中に早変わり、脱臼はする、腰は打つ、警官には撃たれる。散々な目にあうルビーは、恋人の仇を取れるのか? カンタンの「故郷でルビーと飲み屋をやる」という一方的な夢は叶うのか?


ルビー&カンタン [DVD]DVDルビー&カンタン [DVD]


販売元:ファインフィルムズ

発売日:2005/07/16
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "【映画】ルビー&カンタン" »

【映画】ファントマ電光石火

ファントマ電光石火

アンドレ・ユヌベル監督/カラー/99分/1965年度作品/フランス−イタリア映画/原題「Fantomas se dechaine 」

 前作「ファントマ危機脱出」で怪盗ファントマを追いつめたパリ警視庁のジューヴ警部(ルイ・ド・フュネス)の叙勲式。だがそのジューヴ警部の元にファントマからの挑戦状が届く。ファントマは、他人を意のままに操る「テレパシー銃」を開発中のマルシャン教授を誘拐。次は共同開発者のルフェーブル教授が危ない。新聞記者のファンドール(ジャン・マレー)と恋人でカメラマンのエレーヌ(ミレーヌ・ドモンジョ)は、警部に内緒で策を講じ、ファンドールがルフェーブル教授に変装し、教授の身代わりでローマの科学会議に出席することに。ところがローマに向かう特急の中で、警部がルフェーブルが偽物だと気づいて大騒ぎ。

 ともあれ一行は会議に出席するが、テレビでファンドールのコメントを見て激怒した教授もローマに向かう。そこへ教授に化けたファントマも到着、会場は大混乱。ファントマは教授だけでなく、エレーヌとその弟もさらっていく。アジトでファントマからプロポーズされたエレーヌは、ファントマと仮装舞踏会へ。追ってきたファンドールと警部一行もまとめてファントマに捕らえられ、アジトでテレパシー銃の実験台にされそうになるが……。

ファントマ 電光石火 [DVD]DVDファントマ 電光石火 [DVD]

販売元:レントラックジャパン
発売日:2007/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

続きを読む "【映画】ファントマ電光石火" »

【映画】ジャズ大名

ジャズ大名

監督/岡本喜八 1986年作品/大映

非良心的兵役拒否でいこう!

 特別できがいいわけでもなくて、しかもB級っていうよりも高校生が文化祭で作った八ミリみたいなヤツで、だけども無性に愛しちゃうんだよな、という映画というのはやっぱり存在し、それはたいそう幸福な出会いなのだ。「a movie」時代の(というのは「漂流教室」以前の、という意味だ)大林宣彦にもいくつかそんな映画があるが、これもまた、岡本喜八のそのひとつ。

 映画は唐突に、リンカーンへの手紙から始まる。南北戦争後のアメリカ。奴隷から解放されたものの、食うにもことかく黒人ジョー。船に乗り先祖の土地アフリカへ帰るべく、トロンボーン、クラリネット、コルネットに太鼓のカルテットで金を稼ぎながらニューオリンズへ向かう。しかし、やっと乗り込んだ船の中でクラリネットのボブが病死。船も大嵐に巻き込まれて三人はボートで脱出する。そして着いたところは駿河湾の小藩。

 時あたかも幕末。小藩とはいえ交通の要所にあるこの城は、上は山越えの難所、下は海岸の難所、城内(「城下」じゃないのがミソ)を通るのがいちばん早いと薩長から旗本まで、あらゆる人々が通り抜ける。堅物の家老(財津一郎)からはお家安泰を、若い武士からは左右のいずれにつくのかを突き上げられ、藩主海郷(古谷一行)はいいかげんウンザリ。そこへ漂着したのがくだんの三人。会ってみたくてたまらない藩主は、城の地下の座敷牢に彼らを運び込む。地下から彼らの音楽が聞こえてくると、自らもひちりき(雅楽の笛)を「たしなむ」藩主はもうしんぼうならない。ボブのクラリネットを譲り受け、朝も晩も吹き鳴らす。嘆く家老をよそに、城内にはにわかジャズブームがまきおこるが、江戸表からは薩摩屋敷焼き討ちの知らせ。東からは薩摩浪士の残党とそれを追う小田原藩兵、西からは薩長軍。覚悟を決めた藩主は命ずる。「畳を返し、建具をはずし、調度品を片づける!」かくて、地上を通り抜ける戦乱をよそに、城内すべてのものがもぐった地下の座敷牢で、いつ果てるともないセッションが続くのだ……。

ジャズ大名 [DVD]DVDジャズ大名 [DVD]

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2008/02/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する


続きを読む "【映画】ジャズ大名" »